少女と神様


何故か泉のほとりでマウスを掃除している少女がいました。

そんな 彼女の手からマウスボールがころがり落ちてしまいました。

「ああっ 私のマウスボール!!!!」

ぽちゃん!

「どうしよう? マウスボールが見当たらないわ・・・」

ざばぁぁぁぁぁっ!!

「君が落としたのはこの右クリックボタンかね?それとも左クリックボタンかね?」

「あなたは この泉の神様ね!?」

「君が落としたのはこの右クリックボタンかね?それとも左クリックボタンかね?」

「私が落としたのは マウスボールですっ!!」

「ふむ 君はなかなか正直な娘だ。 褒美にこの右と左のクリックボタンをあげよう。」

「いえっ!! 私が落としたのは マウスボールなのですっ!!」

「いつまでも その正直な心をたいせつにな。 さらばじゃ。」

「クリックボタンじゃなくて マウスボールが欲しいのですっ!!」

ごぼごぼごぼごぼ・・・・

「マウスボールを返してぇぇぇぇぇぇっっっっ!!!!!!!!!」



トップへ戻る